一家の心の大黒柱である主婦がいきいきと暮らせる家づくり

家づくりを通して「家族の絆が深まり笑顔が増える」。その家族の幸せを土台にして「家の中を一手に担う子育て主婦」がいきいきと暮らしてほしい。
そんな願いを実現するための家づくりと暮らしのヒントを発信

 

お知らせ
2009/12月よりこちらにてブログ更新中♪


 

2009年01月11日

はじめに

 プロフィール.jpg
 こんにちは。

私は、二級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引主任者

の資格を持ち、住宅プランのご提案や住宅申請の手続きなどをしてい

る秋島建設の秋島由貴です。


 
平成2年に大工職人である夫との結婚を機に、建築の仕事に携わる

ようになりました。建築業の世界に入るまでは、

幼稚園教諭として働いていましたので、全く畑違いの仕事に

結婚と共に永久就職して今年で19年目。

その間、3人の子どもを育てながら仕事をこなす兼業主婦として今に至ります。




建築という仕事内容だけでなく、職人さんに関わること

商売をしていくことなど初めてのことばかりにパンク寸前で奮闘。



母であり妻である私のイライラや余裕のなさは、家族みんなに伝染しました。

そして、身近にいる子ども達を通して自分の在り方を考えさせられる

出来事が幾つもおこりました。


そんな数々の失敗談や経験から、家族の中での自分の存在の大きさに

気付くこととなりました。



家族が心穏やかに笑顔で過ごすには、家庭の中心で動く

主婦の存在ってとても大きいんです。

とは言え私が、自分を捨てて犠牲になったのでは笑顔になれません。

幸せな家庭は、主婦がいきいきと元気で暮らせて

初めて成り立つのだと思います。



振り返ってみると仕事上、生活上で経験してきたことの

ひとつひとつが「今」につながっていると感じています。

歳を重ねてきたからこそ、失敗があったからこそ

ビジョンをもって仕事に向き合う大切さも実感しています。



家づくりには、デザイン、機能、コスト、工法など大切な要素が沢山あります。

その根底には、「家族が笑顔で暮らせる形は、何?」

があるのだと思います。


笑顔の絶えない家。

みんなが心地良いと感じる家。

その中心には、家庭の中のことを一手に担う主婦の存在があります。


毎日の家事や子育て、家族との団欒など様々な生活シーンを

生活に密着した主婦の視点を大切にして

「主婦がいきいきと暮らせる家づくり」をすることは

家族みんなにとっての快適な家づくりにつながるのだと思います。



「一家の心の大黒柱である主婦が、いきいきと暮らせる家づくり」は

家族みんなが幸せになれる家。


そんな家づくりを生活者の視点から、一緒に考えて

アドバイスをさせていただくことが

家づくりに携わる者として、また主婦として、女性としての

私の役割だと思っています。

                                   
 笑顔いっぱいの家づくりを実現する秋島建設
     
笑顔なれる家づくりプランナー 秋島由貴

                                                        


人気ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by 笑顔をつくるプランナー at 13:57| Comment(0) | ■はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。