一家の心の大黒柱である主婦がいきいきと暮らせる家づくり

家づくりを通して「家族の絆が深まり笑顔が増える」。その家族の幸せを土台にして「家の中を一手に担う子育て主婦」がいきいきと暮らしてほしい。
そんな願いを実現するための家づくりと暮らしのヒントを発信

 

お知らせ
2009/12月よりこちらにてブログ更新中♪


 

2009年09月08日

壁の下地処理と和室の仕上げに向けて

早朝より降っていた雨が上がると、晴天なんだけど

吹く風は、つめた〜い秋風に・・・。


秋島建設現場:壁と天井の下地処理

壁と天井に貼られる材料の下地処理をしています


秋島建設現場:和室

和室の出入口には、畳一枚分の縁甲板仕上げになります。

縁甲板とは、小幅で長尺の板材です。

和風住宅の廊下や縁側などに使われる材料です。


秋島建設現場:和室2

和室の飾り棚です。

細い竹がポイントです。

明かりとりの窓は、隣の家の大きな窓と隣り合わせになるので

床面に小窓をとっています。



秋島建設現場:和室3

こちらは、和室の天井。

天井下地処理は、これから・・・・



十勝清水町新築リフォーム住宅会社秋島建設⇒会社のホームページです




こちらのランキングに参加しています。

クリックして下さると嬉しいです♪♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ 
にほんブログ村


最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

posted by 笑顔をつくるプランナー at 18:44| Comment(2) | ■清水町G様邸:現場報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飾り棚の竹の吊り材がいい感じ!
コンセントも多いし、どんなになるのかな♪
Posted by 直/来福家:福井市リフォーム住宅会社 at 2009年09月08日 19:33
竹の吊り材を誉めて下さり、嬉しいです。
ここまで出来てくると思い入れもあり、感慨深いものがあります。
Posted by 笑顔をつくるプランナー at 2009年09月08日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。